読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロイヤルを買うならココです コントロール

我が家の経済的にも、少しでも安く手に入るのは助かります。まだまだ油断はできませんが!今後治療を続ける上で糖尿病とうまく付き合うために!この療法食は本当に心強いです。もちろん獣医師に相談してのことですが、今は『消化器サポート(オリジナル)』が必要な軟便気味の猫以外、『糖コントロール』でカバー出来ています。

コチラですっ♪

2017年04月04日 ランキング上位商品↑

ロイヤル コントロール【P3倍&200円OFF】ロイヤルカナン猫用 糖コントロール 500g【あす楽_土曜日営業】【3/31(金)10:00から4/6(木)1:59】

詳しくはこちら b y 楽 天

『糖コントロール』万歳です(〃▽〃)!!。一時は!尿にケトンが出て食事が出来ない状態で!毎日点滴をしていました。自宅での朝晩のインスリン注射と食事療法を続けていますがとても元気になりました。死も覚悟していました。一時は尿からケトン体も出て!肝リピドーシスも起こし食事を摂れなくなって昏睡状態にまで陥るほど重症でした。☆高蛋白・低脂質・低糖質であるつまりは ・栄養効率が良い ・比較的低カロリーである ・高脂質が一因である顎ニキビに効果がある他にも☆『消化器サポート(可用性繊維)』と同じ食物繊維が含まれるつまりは ・便秘がち・それに起因する血便に効果がある以上の効果を実感しております。しかし『糖コントロール』があれば、公約数が取り易く、食事管理の手間が激減しました。なので全員にそれぞれのごはんを食べさせるため!食事時は目が離せません…盗み食い防止のために。必死に看病しやっと少しずつ食事をするようになり!そのとき食べれたのがウォルサムの糖コントロールでした。それは結構大変なのでした。結局、『消化器サポート(可溶性繊維)』『満腹感サポート』『減量サポート』『低分子プロテイン』『セレクトプロテイン』『糖コントロール』全ての効果が欲しいうちの猫にとって、最適なフードであるという結論に達しました。嗜好性に関しては、ちょっと意外だったのですが『満腹感サポート』がいちばんでしたが『糖コントロール』もまあまあです。ウチの猫は今年元旦に糖尿病が発覚して間もないので、インシュリン注射での治療と平行しての食事療法中です。またリピします^^『糖コントロール』の最大の特徴は☆血糖値の上昇を抑えることだと思いますが、他にも沢山のメリットがあります。2kgのほうがコストパフォーマンスには優れていますが!容器に移して乾燥剤でも入れないと食べ終わるまでに湿気が来るため500gで新鮮なフードをいつも食べさせています。うちは多頭飼育(6にゃん)で、厳密には6種類のごはんが必要になります。それぞれ体質が異なるので当たり前のこと。10日ほどの入院治療はそれなりにお金もかかりましたが!いま!目の前で美味しそうにカリカリ食べてる姿を見ると治療を諦めなくて良かったなぁって思います。じっくり体重を落とせればと思います。試しに買いましたが・・・減量サポートと同じで おいしかったみたいです^^ 食いつきは良いですし!吐いたりするのは減りました。家のネコは11歳になってはじめて病気をしました。いつまでも元気でいて欲しいですね。